日本製財布ブランド!日本の職人が丹精込めて作っているココマイスター

151515151

日本製財布ブランド、人気のココマイスターの財布をみてみる

 

私のように夫婦お揃いでココマイスターの財布を使っている人も多いのではと思います。
個人的に中国製の財布は絶対に買いたくありません。やはり日本人である以上、熟練した日本の職人さんが丹精込めて作った財布を使いたいと考えています。やはり財布は毎日使う大切なアイテムだからこそ納得がいく財布を使いたいという気持ちが強いからです。最近は高級ブランドでも革は欧州の最高級の革を使っているが縫製は中国ですというブランドもありますが何だか納得がいかないので買いません。

 

ココマイスターの好きなところは、コンセプトにあります。「日本の職人がつくる心温まる革製品」を目指しており日本の熟練職人を選定、細部まで手を抜かない、こだわりのものづくりを信念としています。実際に公式HPでは、職人さんの紹介ページや革へのこだわりページとして具体的に基礎知識が十分に勉強できるほどの『天然皮革の革講座』として解説してあるページで学ぶこともできます。⇒ココマイスターの『天然皮革の革講座』(無料)

 

151515151

日本製財布メンズブランドのココマイスターが掲載されたメンズ誌は大人のファッション雑誌が多いです。

 

失敗しない日本製財布ブランド、ギフトの選び方!

 

お財布ギフトの失敗しない選び方のポイントをご紹介。

 

大きなポイントは3点。
1.素材
2.デザイン
3.使い勝手

 

男性の多くは、その商品が持つ付加価値などの”背景”をこのむ傾向があります。一般的に言うと”うんちく”の類です。お財布でいえばそれは”製法”や”素材”になるかと思いますが、製法は大きな差異が出にくい部分ですので、”素材”に注目して頂く事がまず大切です。次にこれは大前提になるのですが、そもそもギフト相手の彼氏さん、旦那さんが好みそうなデザインかどうか?プレゼントされようとしている貴女ならわかりますよね?難しく考える必要はなく、どちらかというと「これは絶対にないな」といったものを一つづつ消去していき消去法で選ぶと良いかと思います。

 

特定のデザインが好きだという場合はもちろんそのデザインに沿ったもを選ぶことが大切です。そして意外かもしれませんが、使い勝手は最後のポイントです。実用的なものがもちろん良いかと思いますが、それよりもまず、”うんちく”と”デザイン”が好みのものを選んでください。使い勝手はよいけどデザインと素材感がいまいちなものと、デザインと素材感が抜群で使い勝手がそこそこのものであればどちらが印象が良いか想像してみると答えが見えてくると思います。あくまでもギフト選びの一つの方法論ですが、個々人の嗜好などが優先される為、これを参考に追加しながらプレゼントされるお相手の好みなどを踏まえていくときっと答えが見つかるはず!

 

日本製財布メンズブランドであるココマイスターのお財布でいえば個人的には前述の法則に当てはめると素材はコードバンで、形状は長財布のものが多くの男性に喜ばれるんじゃないかと思います。コードバンは革の宝石ともたとえられる、馬革の希少部位ですが、世界的にも流通させている業者(素材を流通)は数社とも言われています。且つ、コードバンは抜群の耐久性を誇り、永く使っていただくことも十分に可能です。永年の経年変化による”エイジング”も魅力の一つですよ。一昔前は二つ折りのお財布の方が人気が高かった印象ですが、最近はもっぱら長財布のほうが大人の男性には人気かと思いますので、本人の使用環境なども踏まえて形状はセレクトしてみて下さい。

日本製財布ブランド!ココマイスターのこだわり絶対条件とは?

ココマイスターのこだわり絶対条件とは?

151515151

それは供給が不安定であっても納得がいく欧州の厳選された皮革を選んで使うこと、
そしてココマイスターの財布は、企画生産から販売まで一貫して自社で行うことです。

 

欧州の革は高価であり名だたる有名ブランドやブティックの財布に使用されるほど良い革なのですが、
もちろん良い革というのは素材が限られ少ないうえ、安定して仕入れるということが難しい素材なのです。
現実問題として、ココマイスターでは頻繁に在庫切れが発生していますが譲れない部分は妥協をしていません。
ここは、株式会社ルアンジュの企業としての体質が問われる非常に重要な信念だと私は感じています。

 

ココマイスターの解決策として、百貨店や商業施設での販売ではなく直営店舗でのみ販売しています。
百貨店や商業施設での販売店舗を増やせば、それだけの財布が必要となりますが現実的に不可能だからです。
厳選した素材の革で、日本の熟練した職人さんも人数にが限られているので直営店のみの販売として供給量をコントロールしています。この部分は非常に評価されるべきことです。何故か?

 

つまりデザイン企画から生産まで一貫して自社で行うスタイルは中間コストを最小限にできるので商品レベルが高いです。ファーストリテイリング柳井会長が率いるユニクロと同じです。高品質で低価格を実現するには外せないポイントなのです。百貨店に商品を卸す場合、消化品なのか委託販売なのかでも変わりますが商品代金の一部を支払いしなければいけません。その時点で、素材である革のグレードをあげようにも限界があります。

 

上記ポイントからもわかるように、ココマイスターの財布は平均的に2万円〜3万円ですが百貨店や有名ブランドの同じ価格帯の財布よりも素材が良くグレードが高い財布だと感じています。⇒ココマイスター財布一覧をみてみる

日本製財布ブランド!写真のブライドルレザー表面に白くないですか?

151515151

 

151515151

 

ブライドルレザーをご存じない方もいると思うのでまとめておきます。ご存じない方は参考にされてください。
1000年以上昔からの伝統的な製法で、革自体に何回もロウを塗りこんでいます。ブライドルレザー特有の白っぽさは「ブルーム」と呼ばれています。使い込むうちに白っぽさは消え光沢が出てきます。

 

いわゆる艶感が出てきて愛着がわくレザーです。このブランドルレザーは非常に硬いですが使い込んでいくと柔らかくなり自分だけのヴィンテージ感が味わえるので人気があります。ココマイスターで素材として使われているブライドルレザーは、英国名門タンナー社のものです。なんと、タンナー社のブライドルレザーは完成までに約5か月もかかる究極のレザーなのです。この素材と日本職人が作成しての値段は私は魅力的な価格設定だなと感じました。

日本製財布ブランド!ココマイスターの永年保障制度を利用するには

151515151

 

ココマイスターの製品は、事前に無料のココクラブに会員登録しておくことで永年保障制度を利用することができます。これは、ココマイスターが自社開発商品であるので熟練した職人さんが修理の対応をしてくれるという制度です。
購入前にココクラブ会員登録を行い、公式HPで革製品を購入すると永年保証制度を受けることができます。

 

151515151

 

使うほど愛着が持てそうなカード収納が充実したお財布

 

父が使っている財布は使い込んでいて、このところ、すっかりくたびれていました。そこで、父の誕生日プレゼントにお財布をプレゼントすることにしました。どんな財布がよいのかといろいろ悩みました。理想的なお財布というのはどんなものなのか考えてみました。なんと言ってもカード収納が充実していなくてはいけないと考えつきました。というのも、スーパーやドラッグストアのポイントカード、クレジットカード、さらには病院通いの多い父は診察券も入れられた方がよいと思いました。そんな思いでいろいろ探しまわってたどりついたのが、日本製財布メンズブランドで銀座に直営店もあるココマイスターの商品です。

 

ココマイスターのお財布は、日本製なので縫製も細部に至るまでしっかりとしていて、しかも上質なレザーを使っているので使えば使うほど革独特の風合いが出て愛着が湧く商品のように思いました。実際に父が使ってみた感想ですが、「カード収納がたくさんあるので、買い物はもちろんのこと、図書館にも、そして病院にも財布さえ持てば行けて重宝している。専用のカードケースを持たなくてもよくなったので、最近ちょうど忘れっぽくて困っていたところなので助かった。」とのことでした。社会人男性財布にはピッタリです。

 

今までは2つ折財布しか使ったことがなく、長財布は使ったことがなかったそうなのですが、「お札が入れやすく、そして取り出しやすくていいね。」とも言っていました。そして何より「革なので、手になじんで、使い込めば一生モノにふさわしいよいお財布だ」と喜んでいました。日本製財布メンズブランドなので、前のお財布以上に長く使ってもらえそうなよいプレゼントをしたと確信しました。やはり、作りがしっかりしている職人の財布は良い!

 

日本製メンズ財布。あなたは何を一番求めてる?

男性の日本製メンズ財布。ボロボロになっても使い勝手や愛着を大切にしてなかなか買い替えない方が多いように思います。ですから、日本製メンズ財布を購入した後にアフターケアが充実している日本製ブランドは魅力的です。私も私の家族もそんな価値観を持っており、ひとつの財布を10年以上大切に使います。だからこそ、新しい財布をプレゼントする時は細心の注意を払いたいもの。大切に長く使ってくれるとわかっているからこそいいものをあげたい!そこで、こんな商品なら喜ばれそうというものをいくつかピックアップしてみました。

 

持ちやすさ&高級感で日本製メンズ財布を選びたい貴方へ

ココマイスターのマットーネオーバーザウォレット。

日本製財布ブランド!人気のココマイスターの財布をみてみる

 

こちらの商品は革が編み込まれているタイプです。切れ端の多さのおかげで手の脂が繊維に染み込みやすく、経年変化が起こりやすい。つまり使い込むからこそ出せるくったり感は高級感だけではなく、「できる男」って感じを演出してくれるんですよね。実はわたし、スマホケースでも同じような編み込みタイプのケースを使っています。程よいひっかかりがあって滑りにくく、しっかり手のひらに収まるので気に入っています。具体的に良かった点は、通帳が入ること&お札入れ・レシート入れが両側にあるので仕事用とプライベート用にきっちり分けられるので使い勝手がいい日本製メンズ財布です。使い始めて半年経ち、少しずつ自分の色にエイジングがみられます大人雰囲気で上品で気にいっています。このクオリティーで日本製なのに価格が良心的ですよね。

 

仕事上薄さが大切ならスーパークラシックの薄い財布シリーズ。

薄い財布 abrAsus メンズ財布

普段使いにというより、スーツや作業着orセカンドバッグに入れておくイメージでしょうか。
でもこちら、薄いだけでなくしっかり工夫されています。カードが左右の切り込みからスライドで出せたり、左利き用まであるんですよ!左利きのわたしとしては、左利きの不便さは本人にしかわからないものと思っています。日本製メンズ財布にも左利き用があったなんて感激です。

 

圧倒的に薄い日本製メンズ財布の詳細をみてみる

 

圧倒的に薄い!!アブラサスの薄い財布

ポケットの中で、究極に快適なメンズ革財布が欲しいという声を製品化したシリーズで「薄い財布」は、二つ折りにした際にカードと小銭入れを平行に配置。これは特許取得済みの特殊な構造で二つ折り革財布なのに、圧倒的に薄くスーツのポケットや私服姿でもバックを持たずに快適に財布を持つことができます。また、メイン財布とは別にセカンド財布として持ち歩くのにも便利ですね。

 

重なる革の枚数を、極限まで削減

熟練の革職人さんと30以上の試作品を作ったそうです。YouTubeの動画でも紹介されていました。重なる革の枚数を5枚まで削減することに成功していて財布って革自体を薄くしてしまえば、メンズ用の薄い二つ折り財布をつくることはとても簡単なこと。しかしながら革自体が薄いと強度が保てないことが製品かする上で困難なポイントだったようです。アブラサスの薄い財布は革の薄さはそのままに、特殊な構造で重なる革の枚数を削減した日本製メンズ財布。

 

独特の個性的な唯一無二革である色合いを好むならYUHAKUの財布。

新宿伊勢丹メンズ館でも絶賛される美しさ

唯一無二のYUHAKUの世界をみてみる

 

公式サイトを見ていただければわかります。うっとりするような藍色、茜色…。中でもイチオシなのはクロコダイルとイタリアンレザーが美しいラウンドファスナーウォレット。二種類の革が出す高級感・オシャレ感はもちろんですが、ボリュームが出やすいウォレットタイプなのに内部構造からスリムにまとまるよう工夫されているそう。見た目だけじゃないなんて、まさに「できる男」の象徴ですね!革の財布は高価なものも多いですが、男性にはぜひしっかりした本物である日本製財布メンズブランドを長く使い続けていきたい。その根底にある良さがわかる男でいたいですね。