使い勝手がいい財布、ココマイスターの財布を使い続けています。

日本の職人技!ココマイスターの財布をみてみる

 

 

 

使い勝手がいい財布、私は二つ折りココマイスターの財布を使い続けています。

 

あなたは二つ折り財布派?それとも長財布派?と尋ねられたら、私は二つ折り財布派ですと答えます。
理由を述べる前に客観的にそれぞれのメリットとデメリットを整理してみます。

 

1. 長財布は収納力があります。
  札入れ、小銭入れ、カードポケット、フリーポケットなどお金周りのものが一通り収納できます。

 

2. 長財布は会計の時にお札やカードの出し入れがスムーズです。
  お札、小銭、カードなどがどこに入っているのか一目瞭然です。

 

3. 長財布はお札を折り曲げないで収納できます。特に女性の方に好まれます。

 

4. 長財布は二つ折り財布に比べてスーツに合わせるとスタイリッシュです。

 

5. 長財布は二つ折り財布に比べて傷つきにくく、長持ちします。

 

6. 二つ折り財布は収納量が少ないため盗難に合った時の被害を軽減できます。

 

7. 二つ折り財布はズボンのポケットに納まります。

 

メリットの数では長財布の方が勝りますが、私が選ぶ最大のポイントは盗難被害のリスクです。長財布はスーツの胸ポケットに入れても、ズボンのポケットに入れても、財布の大きさの分だけスリに「どうぞ盗ってください」と言っているように感じるのは私だけでしょうか?

 

電車に乗っているときに、ズボンの後ろポケットに長財布を入れている人が、半分以上くらいはみ出しているのを見たことがあります。厚さもそんなに無いので素人の私でも抜き取れそうに思ってしまいます。また偶然にも今朝見た光景ですが、酔っ払って電車の座席に寝ている人が、長財布を床に落としていました。リスクが顕在化した事実だと思いました。二つ折り財布なら簡単にポケットから抜け落ちないのになあと思いながら通勤していました。

 

また長財布のメリットを活かすには、財布の価格も数万円と高価になります。盗難被害は中味だけでなく、財布自体も大きくなります。二つ折り財布を使っていて唯一不便に思うことは耐久性です。しかし、長財布と同じ価格のものならある程度長持ちしますし、劣化を覚悟して安価なものを買い替え続ける方法もあると思います。

 

151515151